• ホーム
  • 子育てを考えた時のマンション選びの秘訣

子育てを考えた時のマンション選びの秘訣

子育てをイメージしながらのマンションの選び方は、学区を重視するか社会保障を重視するかと言う立地の面、防災面、安全性など、具体的にイメージすることが秘訣です。
結婚や出産進学など家族の環境の変化によって、住み替えを行う子育て層の家庭は、学区などをよくイメージしていると言えます。
公立小学校や中学校に子供が入学してから転居などがあると、地元の友達と別れなければいけなかったり、新しい雰囲気になじまなければいけないなどもあるので、出来れば転校は避けたいものです。
その点を考えて選ぶことがマンションの選び方のコツといえます。

小学校入学前であったとしても、子供の学区にこだわってしっかりと住む場所を選ぶようにしましょう。
また学校によって、学力や雰囲気などが変わりますので、子供の将来につながる重要な時期であるがゆえ、私立進学を望んでいる家庭ではない限り、希望する学区に通うことを考えてマンション購入を考えるとよいでしょう。
現在では小学校、中学校の9年間を一体化するような一貫教育が特に推進されるような状況にあるため、未就学児がいるような場合はしっかり入学前に住み替えを終えておくのがコツかもしれません。
また社会保障制度も非常に重要な部分で、特に東京などの場合では、地域により医療費助成なども多少変わってきます。
県境などの住宅では助成金がどちらに変わるかと言うことを慎重に選ぶことでだいぶお得になったりすることもあると言うことを覚えておきましょう。

世田谷区では中学校3年まで全ての子供に医療助成があり、保険診療について費用負担が全くないような場所もある一方で、隣接している狛江市は未就学ならば費用負担はないものの、就学児童の場合は所得制限などがあったりすると言うようなこともあるので、世田谷区が目と鼻の先であっても費用を負担に大きく差が出る、と言うケースもあるのです。
また東日本大震災の発生から5年も経っており、新築マンションの防災対策などにもよく気をつけて子供たちが安全に暮らせるように考えることも秘訣といえるでしょう。
また新築マンションなどの場合では国で定めた基準を満たした建物や設備になっている必要がありますし、共同住宅なら助け合える余地も大きいと言うことができます。
個別や具体的な防災対策などももちろん、最新のものになっている市の防災ガイドラインを入居時に配布してくれるような物件もありますし、防災に関するその情報を聞くことができる入居前のイベントや避難訓練などを行われているマンションもあるので、そうした居住者のコミュニティ形成にもなるイベントがあるマンションを選ぶのも良いかもしれません。

関連記事