• ホーム
  • ライオンズのマンションの特徴と評判

ライオンズのマンションの特徴と評判

大京の老舗ブランドである「ライオンズマンション」は昔からたいへん評判が良く、高い評価を受けています。
現在では物件の名称を「ライオンズ何々」、と言う呼び方にに統一されていますが、最近はマンションと言うワードまで含んだ物件名などはほとんど使われなくなりました。
タワー物件では「ライオンズタワー何々」、と言う派生ブランドのマンションになることがありますが、併用していたDJやグランフォートエルザ、派生ブランドのライオンズガーデン、それからライオンズステーションプラザなどと言った名前は現在ではなくなってきています。

そのようなシリーズ化にすることによって、ターゲット層の拡大も目指しながら伝統は続いています。
マンションブランドアクセスランキングでも4位を記録しているのが大京の老舗ブランドであり、都心の一等地に建てられる高級マンションとは異なり、郊外の大規模マンションなどを中心に展開しているのが特徴です。
東京のみならず全国展開を積極的にしており、ファミリータイプのマンションをターゲットにしているため他のブランズやアプリリアなどと言ったブランドマンションよりも知名度の高さではピカイチ、と言うことが言えるでしょう。
デベロッパーの大京はそのブランドをとても大切にしています。
マンションは高額商品であり、彼らがターゲットとしているのは富裕層や資産家、所得のある程度ある人のみなので、そうした人たちからブランドだけで選ばれるような場合もあるのです。
ではライオンズマンションの特徴とは何でしょうか。
ここでしっかりと把握しておくと良いでしょう。
例えば西武多摩湖線の一橋学園から駅徒歩8分の場所にもライオンズマンションが建てられています。
大京グループはリフォーム事業を手掛けているエルデザイン本社ビルなどにリフォーム専用ショールームなどをオープンしていて、最近はリフォーム面でも積極的に事業を拡大させていると言うのがライオンズマンションの特徴といえます。
マンションリフォーム市場はだいたい5500万円ほどですが、デベロッパーが専用ショールームを開設するようになった形で、その事業が進んでいっているといえます。

当然ファミリー層からの評判は高く、歴史ある安全性の高いマンションと言うことは間違いないでしょう。
子育てをしなければいけない女性などにも人気の高い商品バラエティをとりそろえており、最近はユーザーが身近に感じるリフォームを積極的に行って、さらなる事業の拡大を進めているのが、ライオンズマンションの特徴なのです。

関連記事